2011年06月03日

スカイワーズ・マイルを貯めるには

スカイワーズ・マイルを貯めるにはエミレーツ航空を利用するか提携航空会社を利用するかです。

日本航空
ジェット・エアウェイズ
キングフィッシャー航空
大韓航空
南アフリカ航空

上記航空会社と提携していますので、それらのマイレージとうまく組み合わせるのがおススメです。

JALが最も利用頻度が高くためやすいでしょうからエミレーツ航空(EK)ならばJALマイレージで貯めるのがよいかと思います。

JALカードを持っておくとマイルが貯まりやすいのでおススメです!

ANAxJCB_468x60.gif

また、アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カードは、エミレーツ航空のほかにも、ANAやJALも乗るし、デルタ航空といった海外便も利用することがある。

と、いう方に強くおすすめしたいマイレージカードです!

アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カードの一番の特徴は、「エミレーツ航空、ANAとJALを含め、14もの航空会社に貯まったポイントを交換することができる」という点です。

14の航空会社の内訳は、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、ANA、エティハド航空、エミレーツ航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、
スカンジナビア航空、タイ国際航空、チャイナエアライン、中国南方航空、デルタ航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ
となっており、この14の航空会社を利用する方、全ての方に自信を持っておすすめしたい機能と特典アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カードには、詰まっています。


まずは、アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カードマイルの貯めやすさについて解説していきます。

アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カード「マイルが貯めやすい」理由のひとつに「ポイントに有効期限がない」ということが挙げられます。

ANAやJAL、その他のほとんどの航空会社のマイルの有効期限は3年となっており、3年が過ぎても利用されなかったマイルは失効してしまいます。

その点、アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カードのポイントには有効期限がないため、その心配がありません!

また、アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カードは、通常、100円のカード利用で1ポイントが貯まるのですが、さらに、「提携している14の航空会社の航空券を日本国内でその航空会社から直接購入した場合ポイントが通常の3倍付与されるという機能がありますので大変おすすめです。

>>アメリカン・エキスプレス(R)・スカイ・トラベラー・カードの申込みはコチラ


2011年05月12日

エミレーツ航空の地上サービス

エミレーツ航空は地上ラウンジを設けていて、ファーストクラス、ビジネスクラスの乗客はエミレーツ航空専用のラウンジを利用することができます。

仕事が忙しいビジネスマンのために、ビジネス・センターが設けられており、無料のブロードバンドサービス、ワイヤレスLANの利用も可能となっています。

ドバイ国際空港で乗り継ぎをする場合には、どのクラスを利用したかにかかわらず、有料ラウンジを利用できますし、トランジット待ち時間が4時間以上のチケットを持っている乗客は、無料で飲食ができるレストランもあります。

また、エミレーツ航空のファーストクラスとビジネスクラスを利用した人は、ほとんどの乗り入れ都市で無料送迎車のサービスが利用できます。

エミレーツ航空は、子どもの一人旅にも様々な配慮を行っています。

チェックイン設備を別に設けること、航空機までの誘導をすることなど、配慮がされていますし、他の乗客より優先的に搭乗できるように計らってもらえますので、手荷物をきちんとしまうことなど、子どもだけではできにくいことを、客室乗務員に手伝ってもらえます。

旅先でも、子どもを預かる保護者のもとへ、社員が確実に送り届ける配慮を行っていますので、安心して子どもに旅をさせることができますね。

エミレーツ航空の機内食

エミレーツ航空は、機内サービスが充実していることで知られています。

機内食は、イスラム食が標準であり「ハラール」という、イスラム教徒が食べても良いとされる食品をもとにした食事が、主に提供されています。

ただし、イスラム教徒でない人の登場も見込んでおり、アルコール類の提供もあります。

機内食のメインディッシュは数種類のなかから選択ができ、和食もあります。

宗教的な理由、健康上の理由などで特別メニューが必要な人は、出発の24時間前までに予約をすれば、利用することができます。

エミレーツ航空を利用する人は、長時間の搭乗となること、時差のある国へ行く事になる人が、ほとんどでしょう。

時差による体調不良をできるだけ起こさないために「機内から時差を意識した生活をする」「旅先の国の時間帯に合わせて、食事や睡眠を取る」ということが、大事と言われています。

出張などで「機内で仕事をしなければ、間に合わない」という人もいるかもしれませんが、「機内で仕事をしていたために、旅先では注意力散漫になってしまった」ということになれば、ビジネスパートナーにかえって迷惑をかけることになります。

食事や仮眠のタイミングにも注意を払ってくださいね。

エミレーツ航空とは?

エミレーツ航空は、アラブ首長国連邦・ドバイに本拠地を置き、積極的で大胆な経営の拡大を図ってきた流れから「何をするかわからない航空会社」と呼ばれることもあります。

路線の拡大、最新鋭機の大量発注など、ドバイの好景気に支えられて、順調に発展してきたエミレーツ航空ですが、2008年以降は世界的な金融危機の影響を受けたこともあり、2009年11月には「ドバイ・ショック」の影響も少なからず受けています。

そのため、単なる拡大だけではなく、不採算路線の縮小や、より採算性が高い路線への集中的な投資など、経営の改善が図られています。

エミレーツ航空は、日本の関西国際空港とドバイ国際空港線を結ぶ路線を運行していますし、2010年3月28日からは週5便で成田国際空港への就航をしています。

以前は中部国際空港への乗り入れも行われていて、搭乗率も決して悪くはなかったのですが、世界的な不況の影響を受けて、中部国際空港への乗り入れは行われなくなりました。

日本人にとって嬉しいのは、日本就航以前から、日本人客室乗務員を採用していること、ヨーロッパ路線やアフリカ路線でも、日本人客室乗務員が乗務していることです。

機内サービスの評価も高く、エアライン・オブ・ザ・イヤーの第一位、あるいは第二位に輝いたことも、複数回あります。

2010年06月18日

マイレージについて

マイレージについて簡単に説明しておくと、マイルプログラムのことです。各国の航空会社の飛行機に乗ることで、マイルが加算されていくシステムになります。

マイレージプログラムとも呼ばれ、日本国内ですと、ANAマイル、JALマイルが有名です。

海外では、デルタ航空やユナイテッド航空、コンチネンタル航空、コリアンエアーのスカイパスのマイレージプログラムが有名です。

このマイルプログラム、知っている人は知っているだけ得をする!という所にみそがあります。

その表れか、雑誌やウェブ上にはマイルの達人と呼ばれる方たちがいます。これらの方々はいかに効率よくマイルをためるかということを研究していますので、その情報量も鮮度もとてもすごいです。

では、素人が貯めるのは???ということですが、それも心配いりません。

基本的にはANAとJALが提携しているクレジットカードを使うというのがいいです。両社ともにJALカード、ANAカードなどのクレジットカードを出しています。

カードを使うことでマイルをためることができますし、色々な特典も付いてくるので一石二鳥です。